ホーム » 歌詞クイズ » 「チャンカパーナ」ってどんな意味?NEWSの歌の意味と「やばい」と言われる理由
a

「チャンカパーナ」ってどんな意味?NEWSの歌の意味と「やばい」と言われる理由

チャンカパーナ意味 歌詞クイズ
チャンカパーナってどんな意味?
この記事は約4分で読めます。

NEWSの「チャンカパーナ」という歌。たびたび音楽番組などでも披露される人気の曲です。「チャンカパーナ」という言葉を初めて聞いたとき、どこの国の言葉?どういう意味?と気になってしまう人が続出しています。「チャンカパーナ」とはどんな意味なのか知っていますか?

チャンカパーナ意味
チャンカパーナってどんな意味?
スポンサーリンク

「チャンカパーナ」の作詞者・作曲者は?

ジャニーズの男性アイドルグループNEWSが歌う「チャンカパーナ」の作詞はHacchin’Mayaさん、作曲はヒロイズムさん。2012年7月18日に発売されたNEWSの14枚目のシングルです。

NEWSの楽曲の中で、作詞がHacchin’Mayaさん、作曲がヒロイズムさんの楽曲は多数あり、ファンの中ではおなじみの作詞作曲者といえそうです。

【作詞がHacchin’Mayaさん、作曲がヒロイズムさんのNEWS楽曲】

・ポコポンペコーリャ
・トップガン
・UFO
・Wake Up
・Flavor Favor For You

「チャンカパーナ」ってどんな意味?日本語でも英語でもない?

「チャンカパーナ」とは、「愛しい人」という意味を込めて作った造語で、「愛しい人」とはNEWSのファンのことを指しているのだそう。英語や外来語、もしくは隠語のようにも思いますが、そうではなく造語なのですね。「チャンカパーナ」は、タイトルを目にしたり耳にしたりしたときに、つい意味を知りたくなって検索することを狙っているそう。たしかに、エキゾチックでなにか深い意味や由来がありそうな気になる言葉になっています。筆者もつい意味を調べてしまったひとりです。してやられた!

「チャンカパーナ」は、文字を目で見ても、耳で聞いても「何これ?」と気になってしまうキャッチーさを持っています。さらにメロディーに乗るととても強いインパクトを生みますね。

「チャンカパーナ」にちなんで、その後、NEWSのファンのことを「パーナ」「パーナさん」と呼ぶようになりました。歌のタイトルがファン文化を作っているというのは素敵ですね!

「チャンカパーナ」の歌詞にはどんなことが書かれている?

実際に「チャンカパーナ」の歌詞を見てみましょう。

タイトルである「チャンカパーナ」というワードがサビの中にも使われています。

【1番サビ】
Baby チャンチャンチャンカパーナ チャンカパーナ
痛いほど君が欲しいよ
もう ジン ジン 熱(も)えている 身体は止まらない

Baby チャンチャンチャンカパーナ チャンカパーナ
頷いた君 抱きしめた
恥じらうその瞳 狂ってしまいそう
夜の吐息の中 チャンカパーナ チャンカパーナ

「チャンカパーナ」のワードがサビの中で繰り返されているのでとてもキャッチーな響きを生んでおり、一度聴いたら忘れられないフレーズになっています。さらに、サビの最後の「チャンカパーナ」は、まさに「愛しい人」を切なく呼ぶような歌い方となっており、とても印象的です。

※繰り返し(反復法)についてはこちらの記事で詳しく解説しています!

「チャンカパーナ」の歌詞はなぜ「やばい」と言われる?

ネット上には、チャンカパーナの歌詞がやばい、という声もあります。チャンカパーナの歌詞はなぜやばいといわれるのでしょうか。

チャンカパーナのサビの歌詞には、先ほど述べたように、下記のような表現が登場します。

・ジン ジン 熱(も)えている 身体は止まらない
・頷いた君 抱きしめた
・恥じらうその瞳
・夜の吐息

ラブシーンを予感させるセクシーな表現ですね。
さらに、2番では

・うやうやしく服を脱ぎ ベッドに滑り込む花
・露なその果実

など、さらに刺激的な表現も登場します。
誰しも学生のころ、ラブソングやドラマのラブシーンなど、セクシーな表現を「やばい」と言っていたことがあるのではないでしょうか。チャンカパーナの歌詞が「やばい」と言われるのは、このセクシーな表現が原因のようです。

「チャンカパーナ」と台風の「チャンパカ」との関係は?

2021年7月に台風7号「Cempaka」(チャンパカ)が発生しました。その際、ネットでは「チャンカパーナ」を想起した人が多かったとのことでTwitterなどで話題になりました。

なお、台風7号の「チャンパカ」は、気象庁によると「ハーブの名前」で、マレーシアが提案した名前だそう。「チャンカパ」と「チャンカパーナ」は響きが似ていますが、双方に関係は特にないようですね。

「チャンカパーナ」の意味を嚙みしめながら歌を聴いてみよう

愛しい人=NEWSのファン、ということなのでは、「チャンカパーナ」ファンに向けたラブソングとも取れそうです。歌を聴くと「自分に向けて歌っている」感じがしてとてもキュンキュンしてしまいそうですね。聴いた人が「自分に向けて歌っている」と感じると、その歌にとても没頭でき、愛着も沸きます。タイトルやサビのキャッチーさに加え、自分に向けたラブソングのように聴ける「チャンカパーナ」。人気曲なのも納得です。

タイトルとURLをコピーしました