ホーム » 歌詞コラム » 作詞家になるには「オノマトペ」を使いこなそう。歌詞をぐっと華やかにするコツ
a

作詞家になるには「オノマトペ」を使いこなそう。歌詞をぐっと華やかにするコツ

lyrics-comic-japanese 歌詞コラム
作詞家になるにはオノマトペを知ろう
この記事は約3分で読めます。

「オノマトペ」という言葉を聞いたことがありますか?あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、実はとても身近なものです。

オノマトペは、「擬態語」「擬音語」「擬声語」の3つに分けられます。作詞家になるには、オノマトペについて知っておくことも大切です。オノマトペとはどんなものか、歌詞でオノマトペを使うとどんな効果があるのか、具体例とともに見ていきましょう。

lyrics-comic-japanese
作詞家になるにはオノマトペを知ろう
スポンサーリンク

オノマトペには擬態語、擬音語、擬声語などがある

まず、オノマトペの種類について見ていきましょう。

【オノマトペの種類】
擬態語(物事の状態を表す。キラキラ、フラフラ、など)
擬音語(音を言葉で表す。バタン、ビリビリ、など)
・擬声語(人や動物の発する声を表す。ニャンニャン、メーメー、など)

上記はほんの一例で、オノマトペは例を挙げたらきりがないほどあります。マンガなどで表現されたり、日常会話で使うことも多いオノマトペですが、歌詞にもよく使われます。タイトルだけを見ても、下記のようなにたくさんの曲のタイトルに使われています。

ギンギラギンにさりげなく(近藤真彦) 
ギザギザハートの子守唄(チェッカーズ) 
ギリギリchop(B’z) 
PONPONPON(きゃりーぱみゅぱみゅ)
ポケットからきゅんです!(ひらめ)
・また、歌詞検索サービス「歌ネット」で「曲名に『ドキドキ』が含まれる曲」を検索すると50曲、『キラキラ』が含まれる曲を検索すると114曲もの曲が該当します。

オノマトペは歌詞にも身近なものであることがわかりますね。

歌詞にオノマトペを使う効果

初心者の場合、メロディに堅苦しい文章を乗せてしまうことが多かったりします。しかし、歌詞では「説明っぽい」「わかりにくい」よりも「感覚に訴える」「わかりやすい」ものが好まれます。オノマトペを歌詞に使うことで、歌詞がより感覚に訴えやすく、わかりやすいものになることが多いです。

たとえば、AKB48のヘビーローテーション

「ハートの奥 溢れて止まらぬ愛しさは ヘビーローテーション」
よりも、
「ハートの奥 ジャンジャン溢れる愛しさは ヘビーローテーション」
の方が、「愛しさ」が伝わりやすいですね。

このように、オノマトペには歌詞を華やかにする効果があるのです。

新しいオノマトペを作る面白さ

歌詞にオノマトペを使うのも良いですが、自分でオリジナルのオノマトペを作ってみるのも面白いですね。「そんな言葉世の中にないよ」という言葉を使っても良いのが歌詞の世界。作詞の面白さでもあります。

たとえば、『キューティー・ハニー』(前川陽子, 倖田來未)に出てくる「チュクチュクしちゃうの」という言葉は、ありそうでない表現でオリジナリティを感じます。

また、『進化理論』(BOYS AND MEN)では
「ガンガンズダンダン」という擬音のような擬態のようなオノマトペが使われています。

このように、身の回りにあるオノマトペだけではなく、新しいオノマトペを発明してみると、他の人にはない自分らしさが出せたり、歌詞がぐっと面白いものになるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました