ホーム » 歌詞コラム » 「書いてはいけない歌詞」ってあるの?歌詞におけるタブーとは

「書いてはいけない歌詞」ってあるの?歌詞におけるタブーとは

歌詞コラム
この記事は約3分で読めます。

「Mrs. GREEN APPLE」の新曲「コロンブス」のミュージックビデオ(MV)が炎上した件。作品はあくまでも作品であって、何を表現しても表現の自由ではないのか、と疑問に思った人もいるかもしれません。歌詞でも、書いてはいけない歌詞があるのでしょうか。歌詞においてのタブーについて考えたいと思います。

こちらの記事もオススメ
ヒットの鍵をにぎるのは比喩表現?「ようだ」「まるで」を使いこなそう。
「チャンカパーナ」ってどんな意味?NEWSの歌の意味と「やばい」と言われる理由
作詞家になるには、韻を踏むことを知ろう。「韻パクト」のある歌詞を紹介
「ボカロP」の歴史Part3 大ヒットを生む基盤となったボカロPたち

歌詞で気を付けるべき表現1: 放送禁止用語

放送禁止用語とは、人格や人権を損なう言葉、肉体的・精神的な侮辱の言葉、差別用語などを指します。これらの言葉は、放送局や新聞社が自主規制しているものであり、社会的な配慮や倫理的な観点から使われるべきではないとされています。具体的には、差別や偏見を助長するような表現、侮辱的な言葉遣いが含まれます。音楽も広範な人々に届くメディアといえるため、その影響力を考慮する必要がありますので、意識すると良いでしょう。

歌詞で気を付けるべき表現2: 特定の宗教で使われる用語

放送禁止用語ではないものの、特定の宗教で使われる用語も注意が必要です。実際に宗教的な言葉やフレーズを含んでいて、かつ人気の楽曲もありますので、厳密にNGとは言えませんが、リスナーの中には不快に感じる人もいるかもしれません。そのため、宗教的な要素を含む歌詞を書く際には、十分な配慮が求められます。

歌詞で気を付けるべき表現3: 固有名詞

地名や国名、団体名、商品名などの固有名詞を歌詞に使用することは、NGではありませんが注意が必要です。公共放送であるNHKでは、広告につながる歌は放送NGとされています。また、番組のスポンサーと競合する場合、放送できないこともあります。そのため、固有名詞を使用する際には、その影響を考慮することが重要です。

まとめ

歌詞で気を付けるべき表現について書いてきましたが、ここに挙げた表現を、血眼になってチェックすることは必要ありません。歌はそもそも、人を楽しませるもの。歌詞を書く際には、誰かを傷つけていないかという想像力を持つことが大切です。特定の誰かを傷つけたり不快にさせたりする可能性のある言葉を避けるように気を付けましょう。自分の書く言葉に責任を持ち、どんな影響があるかを考えることも作詞の仕事のひとつなのです

こちらの記事も読んでみよう
Official髭男dism「ミックスナッツ」の歌詞に学ぶ比喩表現
作詞家になるには「オノマトペ」を使いこなそう。歌詞をぐっと華やかにするコツ
2番の歌詞も手を抜けない?TikTokが広げた音楽の楽しみ方
YOASOBI「夜に駆ける」「アイドル」空耳レベルの英語版歌詞に注目

タイトルとURLをコピーしました